婚活を始めいい相手が見つかった

交際をすることになった

人のことを言えたわけではありませんが、自分のことと周りで独身の人達を見ると、当たらずと言えども遠からずぐらいかなと考えていたのです。
ところが実際に結婚相手探しをしてみると、それは偏見だったことがわかり、意外に普通の人も多くて驚きました。
すべての人がそうではありませんから、これは結婚ができないだろうなと思える人もいれば、逆になんでこんな人が結婚相手探しに苦労をしているのかと思えるようなこともあり、いろいろな人がいることがわかったのです。
いい出会いがあったわけではないにしても、いい出会いがありそうだという雰囲気が早い段階でわかったのは収穫でした。
最初のうちは相手との距離感がつかめずに、上手くコミュニケーションがとれませんでしたが、慣れることが目的でしたからあまり焦りはなく、練習だと思っているうちに段々と慣れることができました。
ある程度雰囲気を掴むことができ、活動の仕方もわかってきてからはいい相手が見つかるのではという期待が大きくなり、より真剣に相手探しをしてみることにしました。
今までと違って積極的にコミュニケーションを取るようにして、結婚に対する姿勢も前向きなものを出していくようになりました。
丁度そのタイミングで気になる相手が見つかったので、この人だったら結婚をしても良いかもと感じたので、自分の思いを伝えたところひとまず交際をすることになったのです。
交際をするようになると、ますます思いは募るようになり結婚をしたいという気持ちが大きくなってきました。
相手も自分のことをよく思ってくれているようで、いつ結婚をするという具体的な話は出ていませんが、いつ結婚をしようかという段階に来ているため、婚活は成功したのではと思っています。

仕事がらみで出会いのチャンスはほぼない状態でした積極性がないと全く出会いがない交際をすることになった

婚活 | 婚活パーティー - 街コンジャパン